So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

牧野植物園 [植物園]


11トビカズラ.jpg

???  飛 葛  ???

これを見て、第一声が「これ何?・・・」。大きな木から紫色の花のようなものが垂れ下がっている。マメ科の花のようだ。


“山好き・花好きじじ” 一行は伊吹山を後にして、明石海峡・鳴門海峡を渡る。目指すは憧れの"牧野植物園"「日本の植物分類学の父」牧野富太郎博士の業績を顕彰するために開園。約6haの園地に博士ゆかりの野生植物など約3,000種類が植えられている。採集地が明らかなため、「生きた標本」となっている。
宜しかったら・・・・・続きをご覧ください。


続きは・・・・・こちらからご覧ください!


タグ:2905

伊吹山 [山を歩く]


11伊吹山.jpg

伊吹山頂草原を歩く


5月 9日~11日、ちょっと老人仲間で遠出を・・・! まずは“伊吹山”へ。


12伊吹山頂草原.jpg

山頂看板

日本百名山の一つである伊吹山は標高約1,377mで滋賀県の最高峰。日本海型気候と太平洋型気候が混合していて、山全体が “山野草・高山植物の宝庫” と言われている。そんな山を “山好き・花好きじじ” が目指した(山頂付近まで車で行けるのが魅力)。


宜しかったら、 ・・・ 続きをご覧ください ・・・


続きは・・・・・こちらからご覧ください!


5月初め ~中庭のピンク~ [旬の広場]


11ショカツサイ.jpg

4月下旬~5月初め。中庭を暖かい陽射しが覆うようになると、それまで中庭を飾っていた山野草の花が消え、ツバキの仲間の花が終わる。代わりにリンゴやサクランボ、ネクタリンなど果物の花も実になる準備を始めるとともに、別の花たちが目立つようになってくる。


中庭は ・・・・・ 緑の葉の中に “ピンク色” が目立ってくる。


12ショカツサイ.jpg

諸葛菜(ショカツサイ)

アブラナ科ショカツサイ属の一年草。別名が紫花菜(ムラサキハナナ)、大紫羅欄花(オオアラセイトウ)などと言われている。我が家にいつ頃来たのかわからない。繁殖力が強くて、どんどん増えている。



“ピンクに染まる中庭” の 続き をご覧ください。 




続きは・・・・・こちらからご覧ください!


タグ:2905

赤城自然園 ~春を楽しむ ~ [山裾さんぽ]


11赤城自然園.jpg

赤城自然園は 春 真っ盛り


赤城山西麓の標高600~700mに位置する “赤城自然園”。植物や小動物が棲みやすい環境をめざして整備が進められていて、多くの植物や小動物たちを自然に近い状態で見ることができる。昨年夏~秋と訪れ、虜になってしまった。



12榛名山-見晴らし台.jpg

榛名山を遠望する 園内の “見晴らし台”


4月23日 天気予報を確かめ、赤城自然園に向かう。昨年夏~7月21日~、秋~9月25日~ は天候があまり良くなかったが、この日は上空に真っ青な空が広がっている。日曜日なので、大勢の人が訪れるだろうと考え、会館と同時に入園できるよう早めに新潟を発つことにした。



宜しかったら、続きをご覧ください。



 

続きは・・・・・こちらからご覧ください!


中庭 ~ 4月中旬 ~ [旬の広場]


11ネクタリン.jpg

中庭 ・・・・・ 春爛漫(4月16日)

相変わらず天候は不順。4月に入っても各地に雪が、そして雨、それに強風。気持ちのいい晴れが続かない。桜は寒空の中で満開に、あっという間に強風で散っていく。


中庭はネクタリンの花が旬を迎える。


12ネクタリン_01.jpg12ネクタリン_02.jpg

ネクタリンの花・・・・・同じ木なのに、なぜか花糸の色が異なる。



宜しかったら・・・・・・・“中庭の旬” 続きをご覧ください。

続きは・・・・・こちらからご覧ください!


タグ:2904

里山を歩く ~五頭山の麓~ [山裾さんぽ]


11コシノコバイモ_05.jpg

枯れ葉の中から ・・・・・ 可憐な花が!!・・・・・

4月10日 薄ら寒い日が続き、身体を持て余し気味にイライラする毎日。待ちきれずに今年初めての里山散歩に出かけたる。目指すは毎年歩く五頭連峰の麓。例年のごとく、水辺から山裾へと散策をスタート。



 

宜しかったら・・・続きをご覧ください。

続きは・・・・・こちらからご覧ください!


タグ:2904

中庭 ~寒椿 から 雪椿へ~ [旬の広場]


11ユキバタ・ユキツバキ.jpg

雪椿 & 雪端椿 (撮影:4月3日)

中庭 4月 を迎える。中庭の “椿” は 雪端椿雪椿 が旬を迎えている。昨年暮れに開花し始めた 寒椿 は(旬が終わってはいるが)細々と咲いてはいるものの、Mainは 雪端椿、そして次第に 雪椿 へと移ってきている。



12ユキバタツバキ.jpg

ユキバタツバキ (撮影:3月30日)

1枚目の写真の右側にある木。花弁の開き方が少ない。


13ユキツバキ.jpg

ユキツバキ (撮影:4月3日)

1枚目の写真の左側にある木。ユキバタツバキに比べて、花弁が大きく開いている。


14カンツバキ.jpg

カンツバキ (撮影:3月13日)

我が家の中庭のツバキ類は、例年サザンカ~カンツバキ~ユキバタツバキ~ユキツバキ(~そして鉢植えの椿類)と順に咲く。今年もこの順番に変わりはない。カンツバキはサザンカに近いもので、12月中に咲き始める。ユキバタツバキやユキツバキは “雪” の文字がついているものの、雪解けを待って満開となる。



宜しかったら・・・<中庭の旬> 続きをご覧ください。

続きは・・・・・こちらからご覧ください!


タグ:2904

立春の草津・・・雪に埋まる・・・ [日本ロマンチック街道]


3月20日(立春) 好天が続く(新潟では)中、“日本ロマンチック街道” 見て歩きの旅に出発。

***** 今年初のドライブ旅行だ!! *****


12R街道.jpg

日本ロマンチック街道Map(赤い線)


Mapの青色の四角点や数字は昨年までに訪れたところで、“見て歩き” は街道筋だけではなく、街道から離れた地点も散策している。植物や景色を求めて山や湖を周り、名所・旧跡などにも立ち寄るという、思いつきの旅を始めて3~4年というところだ。



☆☆☆☆☆ スタートは  ~秋間梅林~ ☆☆☆☆☆

11秋間梅林.jpg

秋間川上流の丘陵地に広がる梅林。丘陵に約35,000本の紅白梅が咲き誇る


12秋間看板.jpg


秋間梅林案内図(現地看板から)

秋間梅林は群馬県安中市の丘陵地にある。梅林祭が2月中旬~3月末に開催。春分の日は快晴に恵まれ、汗を流しながら梅林の一部を散策した。梅の旬は過ぎていて花色が若干褪せてきていたが、何種類もある紅梅や白梅を満喫することができた。


13秋間梅林.jpg

宜しかったら・・・続きをご覧ください。 

続きは・・・・・こちらからご覧ください!


タグ:2903

中庭 ~ 早春季植物 ~ [園芸広場]


11オオミスミソウ.jpg

ユキワリソウ


3月中旬 朝晩の寒さも和らぎ、暖かな陽射しが中庭に射し込むひが増え、春の訪れを肌で感じることができるようになってきた。嬉しいことに天気予報には “雪だるま” の代わりに傘のマークが目立つ。



      宜しかったら

中庭の早春季植物は、ここぞとばかりに花を目一杯広げる。“今が旬” の草花を

                                    ご覧ください。    



   

続きは・・・・・こちらからご覧ください!


タグ:2903

弥生の中庭・・・春が近づく・・・ [園芸広場]


11オオミスミソウ_02.jpg

春の妖精 ~雪割草~

おはようございます。3月に入り、中庭で暖かな陽射しを強く感じるようになってきました。春が確実に近づいています。草春季植物は次々と花をつけ始めました。


最近、ソネーブロの動きがおかしいようで、訪問いただいた方のNiceやコメントが消えてしまったり、サイドバーのカレンダー表示がおかしかったりしています(済みません。消えてしまった方にはご迷惑をおかけしまました)。どうも不具合があるのではないかと思ってます。



宜しかったら、3月にはいった中庭の様子の続きをご覧ください

続きは・・・・・こちらからご覧ください!


タグ:2903
前の10件 | -