So-net無料ブログ作成
検索選択

ピレネーを歩く~その1~ [旅の思い出]


☆☆☆☆☆☆☆ ガヴァルニー渓谷ハイキング ☆☆☆☆☆☆☆


11ガヴァルニー11-1.jpg

ハイキング初日は・・・・・雨の中をスタート



13ハイクMap.jpg

⑥ ガヴァルニー渓谷

小雨のパラつく中、ヨーロッパ最大級の滝 ~ガヴァルニー滝~ を目指す。遠くにガヴァルニー滝が見えているが、その背後にある3,000m級の山々が雲に覆われていて、全容が見えない。



宜しかったら、続きをご覧ください。




20ガヴァルニーMap2.jpg

現地の案内看板(冬のスキー客用かな!)


背後に見える山は左から、MARBORE(3,248m)、LA TOUR(3,009m)、LE CASQUE(3,007m)とある。およそ2万年前、これらの山々から巨大な氷河がカヴァルニーからその下方のルルドまで(およそ30km)を覆っていたという。この谷は氷河によってつくられた “カール地形” 。



21ガヴァルニー11-2.jpg

谷を取り囲む山々は雲に覆われたまま。滝が一筋流れ落ち付近に雪(氷?)が残っている。



カール地形の中を歩いて滝に近づく・・・雲が上がってくれるのを願って・・・




☆☆☆☆☆ 途中で見た花 ☆☆☆☆☆

(残念ながら、雨に濡れて、花がかなり傷んでいました)


22-1エーデルワイス.jpg

エーデルワイス



22-1クリスマスローズ.jpg

クリスマスローズ

自生のクリスマスローズは花の旬は終わていたが、コースの至る所でいろんな種が葉を広げていた。この花は木立生のもので、原種系のクリスマスローズだろうか。



22-2シラタマソウ1.jpg

シラタマソウ(ナデシコ科 マンテマ属)



22-3シラタマソウ属.jpg

これも “シラタマソウ” の仲間だろう。



23-1セイヨウマツムシソウ.jpg

牧草地に群生する  ~セイヨウマツムシソウ( Scabiosa lucida )~



23-2セイヨウマツムシソウ.jpg

日本のマツムシソウとの違いは・・・・・よくわからない。



24-1クワガタソウ属chamaedrys.jpg

クワガタソウ属 chamaedrys

“グンバイズル” によく似ている。



24-2クワガタソウ属.jpg

クワガタソウ属の別種 ~?~



25-3マルタゴンリリー.jpgマルタゴンユリ



25-4マルタゴンリリー.jpg

~Lilium martagon~

 茎の上部に付く葉は互生しているが、下の方は4~8枚が輪生している。草原の緑の中で花がよく目立つ。



26-2ハクサンチドリ属.jpg

ハクサンチドリ属 maculata

コースが少し湿った草原に入ると、至る所にこの花が咲いている。日本のハクサンチドリ(Dactylorhiza aristata )によく似ている。付近をよく見ると “ウズラ葉” のもの(ウズラバハクサンチドリ)もある。




26-1サクラソウsp.jpg

サクラソウ属 ~ユキワリザクラ(?)~



26-3ワイルドストロベリー.jpg

ワイルドストロベリー ~エゾヘビイチゴ~

美味しそうな赤い実があちこちで見られた。現地の方も食べているのだろうか・・・?




************* わからない花もたくさんありました ***********


27-1不明種12.jpg27-2不明種13.jpg

????????


************ どこかで見たような花 全くわからない花も **********




31カヴァルニー滝11.jpg

カールを囲むようにそそり立つ3,000m級の山々に、ぐーんと近づいたが雲はまだ晴れない。山稜には落差422mのガヴァルニー滝など無数の滝が見える。もう少し待てば山頂部が見えるのだろうか?



32-1p-アイリス.jpg

ピレネーアイリス

ピレネー固有のアヤメ。草原のあちこちに群生している。・・・平地のアヤメとどこが違うのか、残念ながらガイドさんの説明を聞き取れなかった。




32-2バラ属pendulina.jpg

バラ属 pendulina ~アルプスのバラ~



32-3バラ属pendulina.jpg

英語で Alpine Rose(アルプスのバラ)と言う。“アルプスの三大名花” のアルペンローゼはツツジ科の花で、この花とは違う。




90カヴァルニー滝12-2.jpg

僅かに見えた3,000mの壁 (3コマの写真を合成)

折り返し地点のホテル・ドウ・シルク(標高1,556m)で休憩後、山頂部が少し覗き始めたので、しっかりと目に焼き付けて下山し始める。



次回 ~ピレネーを歩く~その2  へ続きます。



ご訪問ありがとうございました。











 



タグ:2907
nice!(30)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 30

コメント 13

いろは

こんにちは^^
エーデルワイス、やはり素敵ですね〜♪
シラタマソウも可愛いです!
西洋マツムシソウが見られたのですね。西洋の方が花びらが多いように
見えるのですが...?
マルタゴンユリ、珍しいですね。固有種も多くご覧になられたようですね。楽しみにしています^^
by いろは (2017-07-11 15:09) 

michi

いろはさん:マルタゴンユリ~Lilium martagon~の花は始めてでした。この日は天候が悪かったのですが、その後徐々に回復したので、素晴らしい景色を堪能できました。

xml_xslさん:ご訪問ありがとうございました。
by michi (2017-07-11 15:38) 

mimimomo

雄大ですね~お花の色がいろいろでグリーンがあって、歩くには良い場所ですね~ルンルン気分になれそう♪
by mimimomo (2017-07-11 18:04) 

夏炉冬扇

避暑のレベルが私たちとはまるで違いますね。
by 夏炉冬扇 (2017-07-11 19:20) 

Mitch

色々の花が楽しめたようですが、天気が良かったらもっと良かったですね。
楽しそうなハイキングですね。
by Mitch (2017-07-11 19:28) 

よしころん

うわ~ お花も色々な種類が咲いていたのですね♪
いいなぁ♪
michiさん的には昨年のチロル・ドロミテとはどちらがお勧めですか?
責任とれとはいいませんので~(笑)

by よしころん (2017-07-11 20:12) 

g_g

矢張り海外の花は似た花も有りますが
全く見たことの無い花があって新鮮ですね。
by g_g (2017-07-11 20:35) 

せつこ

海外へトレッキングですか・・・いいなぁ~~
やはり高山植物は癒されます、日本の植物に似た花も有りますね。
エーデルワイスにお目にかかって良かったね。

by せつこ (2017-07-11 21:53) 

OJJ

これが本物のエーデルワイスですね・・・似た花は多いようですが。
by OJJ (2017-07-12 08:55) 

michi

おはようございます。久しぶりの雨に畑が喜んでいます(でも、一番は私かな)。

mimimomoさん:そうですね、天気がいいともっと気分爽快と言うところだったんですが。

夏炉冬扇さん:歩く、そして景色、更に花、・・・。これが楽しみなんです(動けるうちですが)。

Mitchさん:この後は天気が回復して、ずっと青空の中でのハイキングとなりました。

よしころんさん:私にとっては、チロル・ドロミテの方が印象深いですね(もう一度行きたいところです)。

g_gさん:日本のものと似ているものが多かったですが、現地特有の固有種も見られて良かったです。

せつこさん:雄大な自然に囲まれ、癒やされてきました。

OJJさん:この日のエーデルワイスは雨の中だったので、少しいじけていたように思います。現地でしか見られない固有種にも出会えて良かったです。

ご訪問ありがとうございます。
@ミックさん

グリーンさん

絵留さん

足立sunnyさん

侘び助さん

ゆるりさん

シラネアオイさん

鉄腕原子さん

斗夢さん

ぶらり爺さん

by michi (2017-07-12 09:46) 

michi

次回はゴープ湖から下るハイキングです。珍しい花との出会いもありました。
by michi (2017-07-12 09:49) 

Baldhead1010

高山地帯だけに、どのお花も花色は鮮やかですね。
by Baldhead1010 (2017-07-13 05:11) 

michi

Baldhead1010さん:高山の植物は強烈な太陽の光を浴びて、鮮やかな色を出しているものもありますね。

ご訪問ありがとうございます。
tommy88さん

ひぐらしさん

ぼんぼちぼちぼちさん

花好き人さん

水郷楽人さん

by michi (2017-07-14 15:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0