So-net無料ブログ作成
検索選択

牧野植物園-その2 [植物園]


20-3見頃花.jpg

植物園観察日:2017. 5.10.

主に観察したエリア

  ①土佐の植物生態園(正門~記念館本館周辺~回廊) ②記念館展示館周辺(博士ゆかりの植物)  

  ③薬草植物区周辺  ④北園から南園への連絡通路周辺 ⑤南園周辺(蛇紋岩・石灰岩植生園)

写真の説明:園内の解説版を参考にした。


☆☆☆☆☆ 主に ① のエリアで ☆☆☆☆☆

11土佐植物生態園.jpg
「土佐の植物生態園」は、植物園正門から本館の受付の間にある。高知県の変化に富んだ地形を山地(及び丘陵)、低地、湿地、海岸の4ゾーンに分けて植生を再現している。

山地・丘陵
冷温帯林        針葉樹 落葉広葉樹 樹林の林床植物 山地の渓谷植物など  
低 地 低山~里山植物 ツクバネガシやコナラ 下草類 低山の渓流植物 など
湿 地
池沼~渓流周辺植物
デンジソウやアサザなどの絶滅危惧種 他
海岸
砂地 海岸周辺 ハマゴウやハマヒルガオなどの海浜植物 他

この「土佐の植物生態園」は入園する前の施設で無料。入園する前から高知県の植物を知ることができる、これだけをとっても魅力ある植物園といえる。


宜しかったら、・・・・・ 続きを ・・・・・ ご覧ください。


 

続きは・・・・・こちらからご覧ください!


タグ:2905

牧野植物園 [植物園]


11トビカズラ.jpg

???  飛 葛  ???

これを見て、第一声が「これ何?・・・」。大きな木から紫色の花のようなものが垂れ下がっている。マメ科の花のようだ。


“山好き・花好きじじ” 一行は伊吹山を後にして、明石海峡・鳴門海峡を渡る。目指すは憧れの"牧野植物園"「日本の植物分類学の父」牧野富太郎博士の業績を顕彰するために開園。約6haの園地に博士ゆかりの野生植物など約3,000種類が植えられている。採集地が明らかなため、「生きた標本」となっている。
宜しかったら・・・・・続きをご覧ください。


続きは・・・・・こちらからご覧ください!


タグ:2905

伊吹山 [山を歩く]


11伊吹山.jpg

伊吹山頂草原を歩く


5月 9日~11日、ちょっと老人仲間で遠出を・・・! まずは“伊吹山”へ。


12伊吹山頂草原.jpg

山頂看板

日本百名山の一つである伊吹山は標高約1,377mで滋賀県の最高峰。日本海型気候と太平洋型気候が混合していて、山全体が “山野草・高山植物の宝庫” と言われている。そんな山を “山好き・花好きじじ” が目指した(山頂付近まで車で行けるのが魅力)。


宜しかったら、 ・・・ 続きをご覧ください ・・・


続きは・・・・・こちらからご覧ください!


5月初め ~中庭のピンク~ [旬の広場]


11ショカツサイ.jpg

4月下旬~5月初め。中庭を暖かい陽射しが覆うようになると、それまで中庭を飾っていた山野草の花が消え、ツバキの仲間の花が終わる。代わりにリンゴやサクランボ、ネクタリンなど果物の花も実になる準備を始めるとともに、別の花たちが目立つようになってくる。


中庭は ・・・・・ 緑の葉の中に “ピンク色” が目立ってくる。


12ショカツサイ.jpg

諸葛菜(ショカツサイ)

アブラナ科ショカツサイ属の一年草。別名が紫花菜(ムラサキハナナ)、大紫羅欄花(オオアラセイトウ)などと言われている。我が家にいつ頃来たのかわからない。繁殖力が強くて、どんどん増えている。



“ピンクに染まる中庭” の 続き をご覧ください。 




続きは・・・・・こちらからご覧ください!


タグ:2905