So-net無料ブログ作成
山菜の愉しみ ブログトップ

雨続きだった 「山菜シーズン」 & おまけ? [山菜の愉しみ]

 11ウド12.jpg

山  菜  採  り

ゴールデンウィークは山菜のシーズン。今年の連休は雪どけの遅れと天候不順で、山には雪が遅くまで残っていた。しかも、その雪消えも不ぞろいで、ところどころで春が進んでいた。もちろん、そんなところが私の狙い目だ。今年の収穫の一端を紹介します。

12ウド13.jpg 13ウド11.jpg

ウド (ウコギ科)

14カンデナ13.jpg

カンデナ (こんな斜面にある)

15カンデナ12.jpg 16カンデナ14.jpg

カンデナ (和名イヌドウナ キク科)色の違うものや茎に毛のあるもの・ないものが混在


17ヒトリシズカ11.jpg

 ヒトリシズカ

山菜採りは、雪消えを追いかけて山の斜面を上り下りする事がおおい。採る種類によっても異なるが、今年の雪はどうかと考えながら、入る斜面や沢を決める。ちょうどいい時期に出会うと、その場でリュック一杯になると斜面を降りるのがとてもつらい。肩が重いやら足をとられるやらで、ふらふらしてしまう。最近は足腰が弱ってもつれることしばし、といったところだ。そんなときに出会う山野草とほっとする。今年もまた出会えたなと、少しの間眺めては英気を取り戻して、また出発する。山野草との出会いも楽しみの一つだ。


19アカミズ11.jpg

ミズナ

20アカミズ12.jpg 21アオミズ12.jpg

「ミズナ」   左:アカミズ (和名ウワバミソウ イラクサ科)  

       右:アオミズ (和名トキホコリ イラクサ科)

22ミズ11.jpg

アカミズとアオミズは別種で、茎の色も赤がアカミズ(左)、青いのがアオミズ(和名トキホコリ 右)。本来の「アオミズ」は同じイラクサ科の別種をさしていて、こちらも山菜として食用にされているが、私は「トキホコリ」を「アオミズ」として採っている。

23サンショウ.jpg

山 椒 (ミカン科)


24マムシグサ11.jpg

すてきな山野草に出会うのは楽しいが、ときには上の写真のようなものに出会うと、一瞬ぎょっとすることがある。これはマムシグサ。名前のようにマムシに似ているのだ。あたかも草むらからのぞいているように見えるときがある。できれば、(本人には悪いが)、別の山野草に出会いたいものだ。間違っても、これは食さないでください。私の体験から、一口噛んだだけで、口の中に辛みと何ともいえない強烈な味がする。

 


25ネマガリタケ11.jpg 26ネマガリタケ12.jpg

チシマザサ (別名ネマガリタケ イネ科)

これもまた、赤いものと青いものがある。私は、青い方のタケノコが好きだ。美味しく食べには、採りたてを、からのついたままを炭火で焼いて食べること。山菜は天麩羅にしたり、茹でたり、和え物にしたりすることが多い。タケノコも天麩羅や味噌汁にもいいが、新鮮なものは焼くに限る。

 


28イカリソウ11.jpg 29スミレサイシン11.jpg

イカリソウ             スミレサイシン

これも 眺めるだけ


30コゴミ11.jpg

コゴミ (別名アオコゴミ)

 31コゴミ14.jpg 33コゴミ13.jpg

和名クサソテツ (オシダ科)

多年生のシダ植物。春先、栄養葉(左)が出て、高さが1mぐらいにもなる。食べるのは出始めの左の状態のもの。右の栄養葉の両側の茶褐色のものは、秋に出た胞子葉が残っているもの。

34アカコゴミ11.jpg

アカコゴミ 別名アブラコゴミ (和名 イッポンワラビ オシダ科 )

35タラノキ11.jpg 36イタドリ11.jpg

タラノキ(ウコギ科)     ドングイ 別名スカンポ (和名オオイタドリ タデ科)


37サワハコベ11.jpg 38エンレイソウ11.jpg

こちらも眺めるだけ (サワハコベ  と  エンレイソウ)

もう少し続きます


 

続きを読む


山菜の愉しみ ブログトップ