So-net無料ブログ作成
旬の広場 ブログトップ
前の10件 | -

5月初め ~中庭のピンク~ [旬の広場]


11ショカツサイ.jpg

4月下旬~5月初め。中庭を暖かい陽射しが覆うようになると、それまで中庭を飾っていた山野草の花が消え、ツバキの仲間の花が終わる。代わりにリンゴやサクランボ、ネクタリンなど果物の花も実になる準備を始めるとともに、別の花たちが目立つようになってくる。


中庭は ・・・・・ 緑の葉の中に “ピンク色” が目立ってくる。


12ショカツサイ.jpg

諸葛菜(ショカツサイ)

アブラナ科ショカツサイ属の一年草。別名が紫花菜(ムラサキハナナ)、大紫羅欄花(オオアラセイトウ)などと言われている。我が家にいつ頃来たのかわからない。繁殖力が強くて、どんどん増えている。



“ピンクに染まる中庭” の 続き をご覧ください。 




続きは・・・・・こちらからご覧ください!


タグ:2905

中庭 ~ 4月中旬 ~ [旬の広場]


11ネクタリン.jpg

中庭 ・・・・・ 春爛漫(4月16日)

相変わらず天候は不順。4月に入っても各地に雪が、そして雨、それに強風。気持ちのいい晴れが続かない。桜は寒空の中で満開に、あっという間に強風で散っていく。


中庭はネクタリンの花が旬を迎える。


12ネクタリン_01.jpg12ネクタリン_02.jpg

ネクタリンの花・・・・・同じ木なのに、なぜか花糸の色が異なる。



宜しかったら・・・・・・・“中庭の旬” 続きをご覧ください。

続きは・・・・・こちらからご覧ください!


タグ:2904

中庭 ~寒椿 から 雪椿へ~ [旬の広場]


11ユキバタ・ユキツバキ.jpg

雪椿 & 雪端椿 (撮影:4月3日)

中庭 4月 を迎える。中庭の “椿” は 雪端椿雪椿 が旬を迎えている。昨年暮れに開花し始めた 寒椿 は(旬が終わってはいるが)細々と咲いてはいるものの、Mainは 雪端椿、そして次第に 雪椿 へと移ってきている。



12ユキバタツバキ.jpg

ユキバタツバキ (撮影:3月30日)

1枚目の写真の右側にある木。花弁の開き方が少ない。


13ユキツバキ.jpg

ユキツバキ (撮影:4月3日)

1枚目の写真の左側にある木。ユキバタツバキに比べて、花弁が大きく開いている。


14カンツバキ.jpg

カンツバキ (撮影:3月13日)

我が家の中庭のツバキ類は、例年サザンカ~カンツバキ~ユキバタツバキ~ユキツバキ(~そして鉢植えの椿類)と順に咲く。今年もこの順番に変わりはない。カンツバキはサザンカに近いもので、12月中に咲き始める。ユキバタツバキやユキツバキは “雪” の文字がついているものの、雪解けを待って満開となる。



宜しかったら・・・<中庭の旬> 続きをご覧ください。

続きは・・・・・こちらからご覧ください!


タグ:2904

12月 ~寂しくなった中庭(2)~ [旬の広場]

畑作業も終わり、・・・・・ 中庭は雪を待つだけに !!!


11寒椿.jpg

中庭で雪を待つ ~ 寒  椿 ~



12月も中旬 中庭は更に花がなくなる。今年の畑作業もほぼ最後を迎え、あとは雪に覆われるのを待つのみとなった。山茶花や菊など、中庭を明るくしていた花は僅かに残るだけ。



     ☆☆☆ やっと咲き始めた花もある ☆☆☆

12アブチロンレッド.jpg

アブチロン ~レッド~

アブチロンのイェローやピンクカメレオン、初恋、さくらは以前から咲いていたが、このレッドは我が家では花付きが大変悪い。それでも、花の少ないこの時期にやっと咲き始めた。



13デージー.jpg

ユリオプスデージー

南アフリカ原産の常緑低木の ~ユリオプス・ペクチナータス(Euryops pectinatus)~。晩秋から春までと花期の長いキク科植物。花がたくさんあがってきた。秋から冬にかけての日照時間が短かったせいか、花が上がるのが遅くなってしまった。



     ☆☆☆ そろそろ終わる ・・・コギク・・・ ☆☆☆

15キク_02.jpg

コギクなどの花菊は、雪の訪れが遅いせいか今も咲き残っている。


16キク_14.jpg


17キク_09.jpg


18キク_15.jpg


19キク_01.jpg

霜や雪が遅いせいか、花はあまり傷んでいない。こんな12月は珍しい。



     ☆☆☆ まもなく収穫 & 春を待つ   ・・・ 野菜たち ・・・ ☆☆☆

20食用菊_03.jpg

食用菊 "かきのもと"

食卓を飾ってくれた "かきのもと ~延命楽~ " は写真の様に根元から刈り込んだ


21食用菊.jpg

その根元には、小さな苗がビッシリと出ている。これが来年の花となって、また食卓にあがる。



22ソラマメ_01.jpg

ソラマメ

この状態で冬を越す。埋まって、始めて美味しいマメとなる。



23下仁田ネギ.jpg

下仁田ネギ

根元から太~い葉が左右に広がっている。霜が2~3回降りたら収穫。今年はかなり遅れていて。まだ本格的な霜にあわない。収穫はいつになるのだろうか。“鍋” の季節が始まっているのに・・・!



     ☆☆☆ バラは  ・・・ 冬剪定が終って春を待つ ・・・ ☆☆☆

バラはミニバラを除いて、地植えも鉢植えも全て剪定を終わり、花や葉もない状態で春を待つ。先月末のブログ(最後から3~5枚目)の写真 23日 寂しくなった ~中庭~  にあったバラ キッス・オブ・フロリア(秋咲き・・2度目の開花)" のその後をご覧ください。


捨てるには惜しかったので、最後は切り薔薇として花瓶に挿して飾っている。


31K of F25.jpg

11月25日


32K of F_01.jpg32K of F_02.jpg

22日             27日 


33K of F_03.jpg33K of F_04.jpg

 29日          12月2日


34K of F_05.jpg34K of F_06.jpg

 4日             6日


35K of F05.jpg 12月5日


36切りバラ.jpg

切り薔薇は ・・・ 玄関に



     ☆☆☆  昨年~一昨年の12月は ・・・・・ ? ☆☆☆

2015年12月 ・・・・・ クリスマスローズが何種か咲いていた

44-H271208.jpg



 2014年の12月は大雪に見舞われた

41-H261206.jpg

畑のグレープフルーツは雪に震えて。


42-H161212.jpg

中庭のモミジは、紅葉の直ぐ後に・・・・・“雪の華” に。



     ☆☆☆  おまけ ・・・・・ 中庭の宝物 ☆☆☆

99中庭石臼.jpg

今年の12月 今のところ雪はチラチラと舞っただけ。霜も僅かだけ。でも、いつ大雪になるかはわからない。ここ常緑樹の中庭も大雪に耐えかねて山茶花の木が地面に伏したことがある。

今年はどんな冬になるのだろうか・・・?


中庭の宝・・・・・それは“石臼” 相棒が子どもの頃に実際に蕎麦の実を挽くのに使っていたもの(もう50年以上も前になる)。



しばらく 冬ごもりいたします。

その間 サブブログ 「六十路の徒然日記~山野草編~」に、高山や里山で出会った植物の中から紹介していきます(不定期にUPします)。興味がありましたらご覧ください。


サブブログ 「六十路の徒然日記~山野草編~」は・・・・・こちらから



ご訪問ありがとうございました。


12月 ~寂しくなった中庭~ [旬の広場]

11中庭1202.jpg

落葉樹の庭 ~~落葉樹は葉を落とし ・・・ 見通しがきくようになった~~



12ユズ.jpg

ただいま 収穫中 ・・・・・ "柚子"


中庭の中央にある柚子は、モミジを眺めるのはちょっと邪魔になる。そんなに大きな木ではないが、隔年で実がたくさん採れる。今年は既に半分ほど収穫し終わっているが、まだビッシリとついている。来年は切って新たな木を庭の端の方に植えてみようかなとも考えている。



12月に入って中庭は花がなくなり、・・・・・ だんだんと寂しくなってきた。



※※ 中庭からに見た部屋のガラス窓には、葉が全て散ってしまったモミジが映っている ※※

13アブチロン.jpg

中庭のモミジは、この後 ”雪の華” が咲くまで枯れ木状態となる。寂しいので鉢植えの "アブチロン” を濡れ縁に置いている。

アブチロンは、~~この時期~~ 元気な花の代表だ。



12月初めの中庭 

宜しかったら続きをご覧ください。



続きは・・・・・こちらからご覧ください!


秋 ・・・ 中庭 ~紅葉 & 黄葉~ ・・・ [旬の広場]


01モミジ障子11.jpg

ある朝 ・・・ 障子に久し振りに中庭の影絵が映る


障子を ・・・ そっと開けると・・・



02モミジ狩り12.jpg

紅葉したモミジに久しぶりの陽射しが当たる ・・・ 鮮やかな中庭が目に ・・・

天候不順が続き、今年の紅葉は諦めていた。ところが中旬になって晴れの日が少し続き、朝晩の冷え込みも重なってか、中庭は例年通りに紅葉が始まってくれた。



中庭のモミジは12日頃から色づきが加速し、雨がちな天候が続く中で "紅葉狩り” のまねごとを。ときおり当たる陽射しを頼りに写真を撮る。それらの中からの何点か選んで "中庭の紅葉"まとめました。 

  撮影デジタルカメラ:Nikon D5500   &   Sony Cyber-shot(DSC-HX9V)

   ・・※DSC-HX9Vは赤色が強調され、Nikonは赤色が若干抑え気味に撮れているようです。



昨年と同じような画像の列挙ですが、続きをご覧ください。


続きは・・・・・こちらからご覧ください!


秋 ・・・ 菊香る・・・ [旬の広場]


11月は菊の季節

11食用菊30.jpg11食用菊31.jpg

☆☆☆☆☆ 食用菊は今が旬 ☆☆☆☆☆



 

宜しかったら・・・・・中庭の "菊" 続きをご覧ください。

続きは・・・・・こちらからご覧ください!


秋 ・・・ 紅葉 & 収穫  [旬の広場]


11月 南米は夏 日本は秋


紅葉の月山道路

10-11湯殿山23.jpg

月山道路は、国道112号線は山形市から酒田市をつなぐ国道の中で月山山麓を走る区間。別名"月山花笠ライン"という愛称で呼ばれている。毎年10月後半になると、温海蕪や庄内柿、林檎や葡萄などを求めて鶴岡市へ向かう。湯殿山付近までちょっと足を伸ばしてみる。


10-12湯殿山.jpg

湯殿山神社付近は、紅葉が見頃に・・・!


10-13湯殿山.jpg

見事なブナ林が続くこのあたりは、紅葉見学ばかりでなく、キノコや木の実などの山の恵みも豊富にある。以前はナメコやモタシ(ナラタケ)、クリタケの他、トチノミやヤマブドウなどを採りに斜面をかけずり回ったことがある。



10-14湯殿山.jpg

紅葉と月山の冠雪

10月25日 月山に今年初冠雪。この日も、山頂方向は白くなっていた。まもなく月山道路にも雪がちらつくだろう。随分前になるが、(勤労感謝の日にキノコ採りに来て)月山トンネル付近で雪に遭遇したことがある。ノーマルタイヤだったので、仕方なく引き返したことを思い出した。



月山道路は紅葉の真っ最中。紅葉前線が里に下りてくるのはもう少し先だろう。



宜しかったら ・・・  "中庭の11月” ・・・ をご覧ください。

続きは・・・・・こちらからご覧ください!


オニバス ~日本 北限の植物~ [旬の広場]

11-オニバス_31.jpg

オニバス (撮影:2015.8.19 新潟市福島潟)

お盆を過ぎ、六十路の半ばを折り返した老人にとってやっと過ごしやすい季節が戻ってきた。8月に入ってからの“夏休み状況”から抜け出そうと、近くの福島潟へ水生植物の観察に出かけた。(本音はやっと動ける気分に戻ったというところか・・・!)



宜しかったら 続きをご覧ください

続きは・・・・・こちらからご覧ください!


7月の中庭 ② ~ 盛夏の花 ~  [旬の広場]

10アガパンサス74.jpg

紫 君 子 蘭 (アガパンサス)



11アガパンサス71.jpg

アガパンサス

"紫君子蘭(ムラサキクンシラン)”と言う和名が気に入っているが、クンシランとは別属の植物。クンシランに姿が似ていて紫色の花を咲かせるからなのでしょうか。

13アガパンッス53.jpg

南アフリカ原産の園芸品種で、いろんな品種がつくられているという。

14アガパンサス73.jpg

随分前に植え付けたので株数は多くなっているが、例年花付きがあまり良くなかった。今年は花茎が何本も立ち上がり、さわやかな涼感のある花を多数咲かせている。



宜しかったら、7月の中庭 ~ 今が盛りの花 ~ をご覧ください

続きは・・・・・こちらからご覧ください!


nice!(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 旬の広場 ブログトップ