So-net無料ブログ作成
山裾さんぽ ブログトップ
前の10件 | -

赤城自然園 ~春を楽しむ ~ [山裾さんぽ]


11赤城自然園.jpg

赤城自然園は 春 真っ盛り


赤城山西麓の標高600~700mに位置する “赤城自然園”。植物や小動物が棲みやすい環境をめざして整備が進められていて、多くの植物や小動物たちを自然に近い状態で見ることができる。昨年夏~秋と訪れ、虜になってしまった。



12榛名山-見晴らし台.jpg

榛名山を遠望する 園内の “見晴らし台”


4月23日 天気予報を確かめ、赤城自然園に向かう。昨年夏~7月21日~、秋~9月25日~ は天候があまり良くなかったが、この日は上空に真っ青な空が広がっている。日曜日なので、大勢の人が訪れるだろうと考え、会館と同時に入園できるよう早めに新潟を発つことにした。



宜しかったら、続きをご覧ください。



 

続きは・・・・・こちらからご覧ください!


里山を歩く ~五頭山の麓~ [山裾さんぽ]


11コシノコバイモ_05.jpg

枯れ葉の中から ・・・・・ 可憐な花が!!・・・・・

4月10日 薄ら寒い日が続き、身体を持て余し気味にイライラする毎日。待ちきれずに今年初めての里山散歩に出かけたる。目指すは毎年歩く五頭連峰の麓。例年のごとく、水辺から山裾へと散策をスタート。



 

宜しかったら・・・続きをご覧ください。

続きは・・・・・こちらからご覧ください!


タグ:2904

妙義山・赤城自然園 ~秋を楽しむ (2)~ [山裾さんぽ]


*** その2 赤城山山麓  ~ 赤城自然園の夏と秋 ~ ***

62三等三角点.jpg

赤城自然園内にある三等三角点


63三等三角点2.jpg 標高675.03m

9月25日 午前中に妙義山山麓(標高約700m~900m)、午後は赤城山麓に位置する赤城自然園(標高約600~700m)を歩いてきた。ここは夏にも歩いているので、夏の花と秋の花の中からいくつかを紹介します。


夏:2016.7.21

秋:2016.9.25



☆☆☆☆☆ 赤城自然園 ~夏の花~ ☆☆☆☆☆

11ジャコウソウ_02.jpg

ジャコウソウ(麝香草 シソ科)

名前の由来は、茎葉をゆすると「麝香」の香りがすることからという。しかい、そんな香りはない。同じシソ科のイブキジャコウソウ属の「タチジャコウソウ(タイム)」や「イブキジャコウソウ」などには香りがあって、ハーブとして親しまれている。



12ノカンゾウ_01.jpg 12ヤブカンゾウ.jpg

ノカンゾウ(野萓草 一重)   ヤブカンゾウ(薮萓草 八重) ・・・共にユリ科・・・



13カワミドリ.jpg

カワミドリ(河碧、別名カッコウ~霍香~ シソ科)

"川緑”とも書くと言うが、紺碧の"碧"の方があっているように思える。


14カワミドリ.jpg 14ヤナギラン.jpg

カワミドリ        ヤナギラン


15ヤナギラン.jpg

 ヤナギラン(柳蘭 アカバナ科)

ヤナギランは北半球に広く分布し、ときに夏の高原で大群落をつくる花として親しまれている。



16オオダイコンソウ.jpg

オオダイコンソウ(大大根草 バラ科)

ダイコンソウやイワダイコンソウは葉先が丸い(この写真でははっきりしない)が、これは尖っていて全体にあらくて長い毛が密生している。


☆ 参考 ☆   ~イワダイコンソウ~

16-10イワダイコンソウ11.jpg

イワダイコンソウ (チロル地方・ホーエムート展望台からの下山途中 7月3日)



17シデシャジン.jpg

シデシャジン(四手沙参 キキョウ科)


18シデシャジン.jpg 18レンゲショウマ.jpg

シデシャジン         レンゲショウマ

シデシャジンの名前の由来は、しめ縄などにつける"四手”のように花が細く裂けることによるという。


19レンゲショウマ.jpg

レンゲショウマ(蓮華升麻 キンポウゲ科)

レンゲショウマの名前の由来は、花を下から見上げると蓮の花に似ていて、葉がサラシナショウマに似ていることからと言われている。日本固有の1属(レンゲショウマ属)1種の植物。


20レンゲショウマ.jpg

レンゲショウマは大好きな花。以前からじっくりと見たいと思っていたので、やっと念願が叶った。同じ "**レンゲショウマ" とつく花で、キレンゲショウマ(なぜかこちらも1属1種)も見たいと思っている花だが、こちらは "黄花のレンゲショウマ” ではなく、ユキノシタ科の植物。



21イヌゴマ.jpg 21ウバユリ.jpg

イヌゴマ(犬胡麻 シソ科)     ウバユリ(姥百合 ユリ科)

オオウバユリはよく見かけるが、ウバユリは始めて。オオウバユリに比べて小型で花が数も少ない。



22キンロバイ.jpg 22ギンロバイ.jpg

      キンロバイ(金露梅)   ギンロバイ(銀露梅) ・・・共にバラ科



23ギンバイソウ.jpg

ギンバイソウ(銀梅草 ユキノシタ科)

茎の頂部に10~20個の花がつく。中央部に両性花、周辺部に装飾花が咲く。 


24ギンバイソウ.jpg

両性花(中央に開花中の花 雄蕊多数・雌蕊一本) 周辺の装飾花は萼片だけ。薄暗い林に中で、"銀梅”(白色の花)が良く目立つ。これも初めて見た植物で、濃い緑色の葉と花の白色が印象的だった。


☆ 参考 ☆   ~花色が "金”の・・・ キンバイソウ

28キンバイソウ.jpg キンバイソウ(金梅草)

"金色の梅" と言う意味のキンバイソウは、ギンバイソウ(ユキノシタ科)とは違ってキンポウゲ科の花。キンロバイ(金露梅)とギンロバイ(銀露梅)は同じバラ科だが、こちらは金と銀だが科が異なる。(撮影:2011.7.29 霧ヶ峰)



25シキンカラマツ_07.jpg

ツクシカラマツ     シキンカラマツ(紫錦唐松 キンポウゲ科)

済みません。"シキンカラマツ"と書いたつもりで間違えて記載してしまいました。訂正します。


26シキンカラマツ.jpg

カラマツソウ属の植物。花の色が紫、雄しべが黄色ということで "紫錦" なのだろう。大変好きな花。



30ルイヨウボタン.jpg

ルイヨウボタン(類葉牡丹 メギ科)

残念ながら、花は終わっている。春にもう一回この花を見るために、ここを訪れよう・・!



続いて、秋の花をご覧ください ・・・・ 

続きは・・・・・こちらからご覧ください!


妙義山・赤城自然園 ~秋を楽しむ~ [山裾さんぽ]

妙義山・赤城山の山麓を歩く


     その1 妙義山麓     ☆☆☆☆☆ 春の妙義山 山麓 ☆☆☆☆☆

11妙義山.jpg

妙義山 山麓の春

今年は、春(4月8日)に桜を求めて赤城山麓から妙義山麓を目指した。夏には花を求めて赤城自然園を歩いた。そして秋(9月25日)、逆コースで妙義山麓と赤城自然園の秋の花を見てきた。

12石門めぐり2.jpg

妙義山中之岳駐車場~石門を巡る(案内看板から)



14妙義桜.jpg


15妙義Nラサキヤシオツツジ.jpg

 妙義神社付近は桜やヤシオツツジが満開に



16妙義筆頭岩.jpg

さくらの里駐車場から金鶏山・筆頭岩を眺める

この時期、"さくらの里" もまだ桜は蕾の状態で、僅かに色づいてきた程度だった。妙義神社の標高は約500m。さくらの里は約650mに位置する。標高の違いや日当たり、品種等の違いにより桜の開花状況が異なっている。



秋は中之岳駐車場から、妙義山麓の 第一石門~第四石門付近 を歩いて見ました。

(標高は、およそ駐車場で726m 第四石門で900m位)

宜しかったら、続きをご覧ください。


続きは・・・・・こちらからご覧ください!


梅雨の "池の平湿原” [山裾さんぽ]

11池の平湿原.jpg

池の平湿原(標高約2,000m)

池の平湿原は浅間山(標高2,568m)の西山麓、長野県東御市と群馬県嬬恋村の境界付近に位置する高層湿原。まだ梅雨明け宣言の出ない7月20~21日に仲間と一緒に歩いてきた。



"チロル・ドロミテを歩く ~その2~” は8月に入ったらUPします



宜しかったら、続きをご覧ください。

続きは・・・・・こちらからご覧ください!


月山の麓を歩く (付)~4月の中庭④~ [山裾さんぽ]



1-11月山.jpg

霊峰 “月山”(撮影は秋・・)

4月27日 山形県月山の麓を目指す。この地の散策は(春と秋を含めて)、もう何十年も続けている。春は雪解けの頃の自然を楽しみ、秋はブナ林の黄葉を楽しむ。もちろん大地からの贈り物~山菜やキノコ~もいただく。



1-11オオバキスミレ_1.jpg

オオバキスミレ


1-11オオバキスミレ_2.jpg

から雪がきえると、茶色の斜面の所々が緑に染まり始めると、あっという間に全体が緑に覆われる。山裾を歩くと、緑の中に黄や白、紫の花が所々に目立つ。



1-12フキノトウ.jpg

蕗の薹

まだ所々に雪が残る。雪がとけたばかりの裾野では、葉色が黄から緑に換わりつつある蕗が目立つ。まだ春になったばかりの山は、歩いていて気持ちがいい。



宜しかったら、続きをご覧ください。


続きは・・・・・こちらからご覧ください!


春を味わう ~ 山野草 と 山菜 ~ [山裾さんぽ]

11ネコヤナギ11.jpg

雪山から流れ下るも水もゆるみ、山裾のネコヤナギが花穂を伸ばす



***** 山頂付近に白い部分が残る ”五頭山” の裾野を散策する *****


12五頭11.jpg

10日 午後から雨の予報が出ている。午前中は大丈夫だろうと、”五頭山(標高912m)”の裾野を散策してきた。昨年より1週間ほど早かったせいか、中腹近くまで残雪が目立っている。裾野の緑も心なしか、少なく見える。水はまだ冷たそう!


毎年必ず歩く ”五頭山裾野” の散策・・・午前の半日は楽しめそう!!



     ☆☆ 川沿いで 見かけた 山野草 ☆☆


14ネコノメソウ13.jpg

川に沿って大群落をつくる ”ネコノメソウ”

川から離れた山麓線は未だに交通止めの状態だが、川沿いは冷たい水が流れているにも関わらず春の訪れが早い。いつも散策は、まず川に沿って歩くことから始まる。



宜しかったら、続きをご覧ください・・・・・!!



続きは・・・・・こちらから!


雪国植物園 ~ ”春の妖精” 乱舞 ~ [山裾さんぽ]

11雪国植物園32.jpg

厳しい冬に耐え抜いた越後の山里に春の訪れ


12ユキワリソウ34.jpg

”春の妖精” と呼ばれる雪割草 ~オオミスミソウ~ が 斜面のあちこちに!!


3月22日(雪と強風が続くとの予報の前日) オープンしたばかりの「雪国植物園」を散策。雪国植物園は長岡市から柏崎市石地海岸に続く ”えちご雪割草街道” のほぼ中央にある、”八石山”(標高約500m)の裾野にある自然植生を大切にした植物園。

暖かな日ざしを浴びながら 谷筋に雪が残る山里の山野草を満喫してきた。


宜しかったら、続きをご覧ください・・・! 

(すこし 画像が多くて済みません)

 

続きは・・・・・こちらから!


山菜求めて ~ 月山~  山裾歩き [山裾さんぽ]

11エンゴサク.jpg

毎年、この時期は “山菜” を求めて山裾を歩き回る。

家から近くの山へ、そしてなぜか雪の残る「月山」の麓へ

12オトメ・ヤマエンゴサク12.jpg

「ヤマ・・・ オトメ・・・?」 

主は山菜採りだが、山野草も撮る。上の画像は、よく見ると種が異なるような葉をしている。

山菜が豊富なときは写真はほとんど撮れないが、今回は少しだけ撮ることができた


続きは・・・・・こちらから!


紅葉の 《朝日スーパー林道 ~ 月山花笠ライン》 [山裾さんぽ]

先週に引き続き、今日(11月9日)も快晴  
新潟・山形両県にまたがる [ 朝日地域 ~月山の麓] へ
 
各地の紅葉を眺める
 
11大鳥39-124.jpg
その1   「朝日スーパー林道(R349) 山形県側 ~~荒沢ダム湖~~」
 

 
       その2は・・・・・
 12出羽三山.jpg
 「出羽三山  ~~鶴岡市青龍寺付近からの眺め~~」
 
羽黒山・月山・湯殿山 からなる出羽三山。羽黒山は正面右手の高い山で、その右の低い部分に湯殿山がある。しかし羽黒山は月山の斜面を左に下ってきた鞍部の杉林のところなのでよくわからない。月山山頂付近は冠雪がある。手前の丘陵はまだ紅葉が始まったばかりに見える。
 
 
その2は「月山-花笠ライン (R112 月山道路)」 の紅葉   どんなだろう? 
 
先週末に引き続き  今日も期待をもって  車を走らせる
 
 
 
続きを   ど う ぞ !!!!!
 
 
 

続きは・・・・・こちらから!


タグ:2511
前の10件 | - 山裾さんぽ ブログトップ