So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アオスタ アルプスを歩く~3~ [トレッキング]


11-1チェルヴィニア夜明.jpg

トレッキング3日目 ~ ヴァッレ・ダオスタ自治州は快晴の朝

ホテル“ヨーロッパ” の背後にモンテ・チェルヴィーノの山(右手の雲が晴れつつある山)が朝日を浴びて輝きつつある。



11-2チェルヴィニア朝.jpg

ホテルの横から見上げる ・・・・・ モンテ・チェルビーノ

チェルヴィニアから見上げる “モンテ・チェルヴィーノ” は圧倒的な迫力を持っている。マッターホルン~スイス側の名~とは形が違って見える。裾野から見た山容は迫力がある。



11-3チェルヴィニア朝.jpg

街を少し離れたところから・・・・・全景を撮る




 
***** アオスタ州 ハイキング・トレッキング位置図 *****
11-13アオスタ州.jpg
ハイキング3日目は ・・・・・ フレイダ峠トレッキングで、360度の絶景を楽しむ
       出  発 チェルヴィニアからバスに乗車 少し南下してCHENEIL村へ
            トレッキングスタート(標高2,113m)
            フレイダ峠を目指す (標高2,513m)
             峠では360度の眺望が待っている
            峠を廻って、CHENAEL村へ戻る
            標高差:約400m   歩行距離:約5.5km
          
宜しかったら・・・続きをご覧ください。


20-11フレイダ峠トレッキング.jpg

CENEIL村に到着 ・・・・???

ケネイルと読むのだろうが、どうやら “シャネル” と関連が深いようだ。・・・・・、おかしい。ケーブルカーが動いていない。先に進めない(みんなの顔に不安が・・・)。


ケーブルの点検中で、歩いて上がるようにとの説明 そして右方向に矢印が出ている。


これで30分以上はロスしてしまう。う~~~ん、大変だ。



20-13フレイダ峠トレッキング.jpg

徒歩で、ケーブルの上の駅に到着。

前方に広~い草原、遠くには山並が連なっている。そして真っ青な空が広がっている。



トレッキングは、ここから・・・本スタート



21-11フレイダ峠トレッキング.jpg

暫くは緩やかな斜面を進む ~前方にモンテ・チェルヴィーノの山頂が覗く~



25-2フレイダ峠トレッキング.jpg

堂々とそびえる ~モンテ・チェルヴィーノ(標高4,478m)~



25-3フレイダ峠トレッキング.jpg

フレイダ峠に近づく ・・・・・ 森林限界を超え、そこには360度の展望が開けている



27-1フレイダ峠トレッキング_31.jpg

~モンテ・チェルヴィーノ と 明日の目的地 “プラト・ローザ展望台” ~

正面に “モンテ・チェルヴィーノ”  そして、右端に少しだけ見えている山が “プラトローザ展望台”(手前の黒い岩との境目付近で、雪の上に少しだけ見える山)



ズームアップ

27-1フレイダ峠トレッキング_34.jpg

プラト・ローザ展望台

展望台にはイタリアとスイスの国境がある。明日は国境を国境をまたいで、スイスに入れる。



☆☆☆☆☆ 標高2,513mのフレイダ峠 ~360度の絶景~ ☆☆☆☆☆

30-1フレイダ峠トレッキング.jpg

右手前の高台が ~フレイダ峠~



33-1フレイダ峠.jpg



33-2フレイダ峠.jpg



33-5フレイダ峠.jpg


素晴らしい景色を堪能した後、上ってきた道を通らず、峠の麓の道を廻ってCHENEIL村に戻る。


今日の昼食は、・・・・・ ALBREGO小屋での食事は ~ボレンタ~(どんな食べ物かな?)


☆☆☆こんな 昼食でした☆☆☆☆

33-6ボレンタ.jpg

ソーセージと野菜のトマトケチャップで煮込んだ ~ボレンタ~(上の黄色)。 

前菜とメインデイッシュが一皿に。デザートは果物が山盛りでした。




☆☆☆☆☆ トレッキングの途中で出会った花たち ☆☆☆☆☆



素晴らしいお花畑に・・・・・なかなか進めない

40-1花畑_64.jpg



40-11花畑_70.jpg



40-17花畑ーc10.jpg



   黄色の花の正体は ・・・・・

41-21エゾコウゾリナ属ウニフローラ.jpg

エゾコウゾリナ属 ウニフローラ(キク科)



41-22ミヤマコウゾリナ属sp.jpg

ミヤマコウゾリナ属 ? (キク科)



41-23ミヤコグサ属アルピヌス.jpg

ミヤコグサ属 アルピヌス(マメ科)



41-25キオン属インカヌス.jpg

キオン属 インカヌス(キク科)   

       ・・・・・ などなどでした。



   その他の花たち


42-11エゾノチチコグサ_02.jpg42-11エゾノチチコグサ_01.jpg

エゾノチチコグサ(キク科)



42-13キョクチチョウノスケソウ.jpg

キョクチチョウノスケソウ(バラ科)



42-15シオガマギク属トゥベロサ.jpg

シオガマギク属 トゥベロサ (ゴマノハグサ科)



42-16タツナミソウ属アルピナ_04.jpg

タツナミソウ属 アルピナ(シソ科)


42-16タツナミソウ属アルピナ_06.jpg

特徴ある花です。初めての出会いで、タツナミソウの仲間と言うことを後で知りました。



42-17センペルビブム・ウルフェニイ_01.jpg

クモノスバンダイソウ属 ウルフェニイ(ベンケイソウ科)


42-17センペルビブム・ウルフェニイ_13.jpg

ベンケイソウの仲間で、黄色の花は初めての出会いです。綺麗な花弁ですね。



43-11リンドウ属ラモサ_01.jpg

リンドウ属 ラモサ(リンドウ科)


43-11リンドウ属ラモサ_05.jpg

昨日のハイキングの最後に出会った花に今日も出会えた。ガイドさんの図鑑で確認したので、これの名前は間違いがない。花冠が4~5裂し、口の内側が毛羽立っている。初めて出会った面白い “リンドウ”  。花の色が、淡紫色~薄紅色と変化が大きいようだ。



43-13ロドデンドロン・フェルジネウム.jpg

ツツジ属 フェルジネウム(ツツジ科)

初日のハイキングでも出会ってはいたが、花の時期が過ぎていた。たまたま今日のルートでは、花が咲き残っていた。“アルペンローゼ”と呼ばれ、スイスアルプスの三大名花の一つとされている。



49-1フレイダ峠トレッキング_68.jpg

峠からの下山途中に見た・・・・・麓の村



宿泊地 チェルヴィニアの“ホテルヨーロッパ”に戻る途中で寄り道する。

50-1ヴァ・ブルー湖.jpg

ヴァルトゥルナンシュのブルー湖 ~逆さチェルヴィーノ~

CHENEIL村からチェルヴィニアに戻る途中でブルー湖に立ち寄る。逆さチェルヴィーノは不完全だったが、それでも湖面にはきれーいな姿が映っている。



明日のハイキングも、・・・・・楽しめますように!




20-10チェルヴィニア9h01.jpg

今朝 ~チェルヴィニアの街から眺めた ~モンテ・チェルヴィーノ~


明日もこんな天気に恵まれますように願って、・・・


~次回はプラト・ローザからオリオンデ小屋までのハイキングを予定しています




ご訪問ありがとうございました。









タグ:3008
nice!(25)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 25

コメント 11

よしころん

連日お天気にも恵まれて、花もたくさん♪
毎回言っておりますが…
あぁ羨ましい~~~~^^;
by よしころん (2018-08-13 10:56) 

いろは

こんにちは^^
素晴らしい景色を眺めながらのトレッキング。
お花畑も素敵ですね〜♪
黄色いお花が多いのでしょうか...
楽しい時間を過ごされましたね(^^)
by いろは (2018-08-13 17:24) 

Mitch

モンテ・チェルヴィーノ ・・・ マッターホルン ・・・ シルエットには当然といえば当然ですが、共通するものがありますね。
イタリア側は北壁のような大岩壁の迫力は少ない感じですね。
by Mitch (2018-08-13 17:51) 

テリー

お花を沢山見ることができて、良かったですね。
by テリー (2018-08-13 18:54) 

侘び助

写真も綺麗でお花も舌を噛むような名前・・・覚えられない<(_ _)>
素適な旅ですね・・・羨ましいな~~^^
by 侘び助 (2018-08-13 19:50) 

g_g

風景が絵はがきのようで素晴らしい所ですね。
それと独特な高山植物の花々がまた目を引いて綺麗です。
by g_g (2018-08-13 20:20) 

Baldhead1010

遠くにそびえる山々。

明日はあそこまで行けるのだろうかと心配になりそうです。

お花を撮る時間があるトレッキングはいいですね。
by Baldhead1010 (2018-08-14 04:18) 

せつこ

残暑お見舞い申し上げます
素敵なところへ行ってこられて羨ましいなぁ~~
飛行時間の長いところへ相棒は行きたがらないので、訪問して楽しませていただきます。
リンドウ属ラモサ  見たことのない高山植物も見させていただきました。
by せつこ (2018-08-14 05:35) 

michi

お早うございます。朝夕の涼しさが・・・・気持ちがいいですね。

よしころんさん:トレッキングを終えてバスに戻ると、突然スコールが、・・と言う日が2~3回ありました。ラッキーでしたね、素晴らしい自然と天候に恵まれて。

いろはさん:この日は黄色がいっぱい広がっていましたね。マメ科やキク科が多かったような気がします。

Mitchさん:そうかもしれませんが、岸壁の真下をトラバースする豪快さはかわりませんね。

テリーさん:このトレッキングでは、初めての花がたくさんあって、楽しめました。

侘び助さん:和名があれば私も覚えやすいんですが、日本にないものなので学名をそのままカタカナ表記しました。ネットで調べてもそうなんで、私も覚えられませんね。

g_gさん:立ち止まって風景を眺める~花を見る、・・・この連続でした。どこかで見たことのあるような、でも少し違う、なんだろう・・?と見ていると遅れてしまいます。ですから、最後尾になってしまいます。

Baldehead1010さん:遠くに見えていても、実際に歩くと意外と早く着いてしまう、・・・と言うようなかんじがしています。

ご訪問ありがとうございます。
xml_xslさん

tochiさん

soramoyouさん

middrnnさん

ぶらり爺さん

馬爺さん

風の又三郎さん

鉄腕原子さん

ゆるりさん

@ミックさん

絵留さん

マルコメさん

by michi (2018-08-14 05:39) 

夏炉冬扇

別世界でする
明日はこちら、雨が期待できそうです。
by 夏炉冬扇 (2018-08-14 14:07) 

michi

せつこさん:リンドウ属やホタルブクロ属などに、初めての出会いがありました。いろんな花が咲いていました。

夏炉冬扇さん:おはようございます。降りそうで降らないのが “越” (関東甲信越の“越”)ですね。最近は関東甲信までしか天気予報に出ません。雨が欲しいですね。

ご訪問ありがとうございました。
沈丁花さん

eva-chinさん

kiyokiyoさん


by michi (2018-08-15 07:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。