So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018年 総集編 ~ ③ アルプスを歩く ~ [トレッキング/ハイキング]


11-11アオスタ州Map.jpg

イタリア・アオスタ州のアルプスMap


総集編-③はイタリアの北部の街~アオスタ州~のアルプスを眺めながらのトレッキング(ハイキング)ツアーを振り返る。ツアーは7/20~7/29の10日間、その中でトレッキング・ハイキングは次の7回。


7/21 1 アヤスの谷ハイキング
7/22 2 アヤスの谷~ブルー湖~ハイキング
7/23
3
フレイダ峠トレッキング
7/24 4
モンテチェルヴィーノ南壁ハイキング
モンテチェルヴィーノ登頂スタート地点へのハイキング
7/25 5 オリオンデ小屋~チェルヴィニアトレッキング
6 グランパラディーソ山群展望ハイキング
7/26 7 モンテビアンコ展望ハイキング



宜しかったら・・・・・続きをご覧下さい。



☆☆☆☆☆☆ 1ーアヤスの谷ハイキング ☆☆☆☆☆☆

11-12シャンポルク街.jpg

シャンポルクの街

            モンテローザ(の方向)を眺めながらゆっくりと歩く

            シャンポルク(1,568m) ~ マスコグナス村(1,798m)

            標高差:約230m  歩行距離:約5km



11-21マスコグナス村.jpg

マスコグナス村

初日は足慣らしのために、午後スタートでゆっくると歩く。・・・のつもりだったが、標高差230mがきつかった。ガイドさんのスピードについていくのがやっとで、花を楽しむ時間が足りなかった。



11-25フテウマ・フェミスファエリクム.jpg11-フ25テウマ・ペトキニフォリウム.jpg

アルプスで見たタマシャジンの仲間

あまりたくさんの花とは出会えなかったが、初日の足慣らしにはちょうど良かったのかもしれない。







☆☆☆☆☆☆ 2ーアヤスの谷ブルー湖ハイキング ☆☆☆☆☆☆

21-11シャンポリック朝.jpg

シャンポルクをの朝

旅行に出かけた時は、どんなところでも早朝散歩を行っている。ホテルの周りを廻り、近所のお庭を拝見したり、景色を眺めたりしている。シャンポルクからはモンテローサやカストル・ポルックス、ブライトホルンがめるというので楽しみにしていた。


写真のほぼ中央がカストル(標高4,226m)、その左の低い尖った山がブライトホルン(4,139m等)。左端に少し覗いている平坦面が・・・下の写真



21-13プラトローザ展望台.jpg

プラトローザ展望台

展望台は平坦な面の上に(わき上がる雲の左に)。今朝はモンテローザ方向がよく見える。これからのトレッキングが好天気に見舞われることを祈ることに!!



            トレッキングスタート(標高1,710m地点)
            ブルー湖      (標高2,219m)
            標高差:約510m   歩行距離:約9km




21-22ブルー湖ハイキング.jpg

ブルー湖へのハイキング ~PIAN DI VERRAの大草原

ブルー湖の少し手前付近。写真中央で雪の上に顔を見せているのがポルックス(4,092m)。その右がカストル(4,228m)。



21-23シャンポリック・ブルー湖.jpg

目的地 ~ブルー湖~

残念な景色だった。"ブルー湖”はもっと大きくて、背後の山々を写しこむ湖と思っていたので期待外れ。ほんの少しだけカストルらしき山が見えただけだった。




本来の"ブルー湖"。背後のモンテチェルヴィーノが湖面に写しこまれている。こちらは、翌日に泊まる街~チェルヴィニア~近くにある。



21-31クモノシバンダイソウ属.jpg

ベンケイソウ科 クモノスバンダイソウ属

少しずつ高山植物の花が増えてきている。明日はもっと楽しめるだろう・・・!!









☆☆☆☆☆☆ 3ーフレイダ峠トレッキング ☆☆☆☆☆☆

31-11フレイダ峠.jpg

360度の展望が待っている(正面:モンテチェルヴィーノ)~フレイダ峠~


         トレッキングスタート(標高2,113m) フレイダ峠を目指す(標高2,513m)
         標高差:約400m   歩行距離:約5.5km


31-12プルプレア・リンドウ.jpg31-12センペルビブム・ウルフェニイ.jpg
     プルプレア・リンドウ   クモノスバンダイソウの仲間~センペルビブム・ウルフェニイ~


31-14フレイダ峠お花畑.jpg
フレイダ峠は高山植物の宝庫。それに初めて見る草花がたくさんで、収穫の多かったコース。




☆☆☆☆☆☆ 4ーモンテチェルヴィーノ南壁トレッキング ☆☆☆☆☆☆
プラトローザ展望台
チェルヴィニアからロープウエーなどを乗り継いでプラト・ローザ展望台(標高3,480m)に上がる。写真右の黒くて高い山が “クライン・マッターホルン(標高3,890m)” で、ヨーロッパで最も標高の高いところにあるスイスの展望台。 左がプラトローザ展望台(イタリア側)。国境は左のプラトローザ展望台の中を通っている。


41-23クラインブランチ途中駅.jpg
クラインブランチ途中駅付近の眺め(中央にモンテチェルヴィーノ)
プラトローザ展望台からはモンテチェルヴィーノがよく見えない。ここはスキー場のロッジが優先しているので、山を眺めるのは二の次なのだろう。


41-30プランメゾン~オリオンデ小屋.jpg
プラン・メゾン駅から・・・トレッキングスタート
             モンテ・チェルヴィーノの南壁を廻ってオリオンデ小屋(標高2,860m)へ

             小屋に到着後、更に昔の南壁登山ベースキャンプ地(標高2,950m)へ

             折り返し、オリオンデ小屋に降りて1泊する

             標高差:葯410m   歩行距離:約5.0km









モンテチェルヴィニアの南壁を約4km進む。山頂方向にはモンテチェルヴィニアの岸壁が迫る。山頂部分はガスがかかっていて見えない。オリオンデ小屋到着後、更に上を(標高2,950m地点)目指す。



51-11オリオンデ小屋.jpg

オリオンデ小屋から モンテチェルヴィニアの街を見下ろす





41-31キンポウゲ属グラキアリス.jpg
 キンポウゲ科 グラキアリス
このコースは眺めも良く、ゆったりと歩けたので高山植物もたくさん見ることができた。


詳しくは・・・・・こちらのページをご覧下さい。



☆☆☆☆☆☆ 5ーオリオンデ小屋~チェルヴィニアトレッキング ☆☆☆☆☆☆

51-12オリオンデ下山.jpg

オリオンデ小屋からの下山 ~モンテチェルヴィーノを後にする~


オリオンデ小屋で快適な宿泊をした翌日は、本ツアーで最大標高差を歩く。出  発: オリオンデ小屋   (標高 2,860m)
               目的地: チェルヴィニアの街(標高 2,050m)       
               標高差: 約810m   歩行距離:約3.5km


51-21タカネシオガマ.jpg
ゴマノハグサ科 タカネシオガマ
標高差800mもあまり苦にならなかった。ゆっくりと歩いたこともあるが、高山植物の豊富さが疲れを癒やしてくれたのだろう。下っては、時々立ち止まって草花を眺める。そして下る。この繰返しが良かったのだろう。


☆☆☆☆☆☆ 6ーグランパラーソ山群展望ハイキング ☆☆☆☆☆☆

61-11グランパラディーソ.jpg

グランパラディーソ山群(右端の雪をいただいた山) ・・・・・ オリオンデ小屋から眺める


         出  発: コーニュの街外れ   (標高 1,544m)
         目的地: VALNONTEY村へ (標高 1,604m)       
         標高差: 約60m   歩行距離:約3.0km


61-12グランパラディーソハイク.jpg
グランパラディソ山群の麓 ~アカバナ科 ヤナギラン~


61-21unknown.jpg
不明種・・・?
今回の山旅は不明種とお出会いが数多くあった。戻ってから調べても、なかなかわからない。


詳しくは・・・・・こちらのページをご覧下さい。



☆☆☆☆☆☆ 7ーモンテビアンコ展望ハイキング ☆☆☆☆☆☆

71-11クールマイヨール.jpg

クールマイヨール ~ダン・ディ・ジュアン針峰とグランデュュラス~

クールマイヨールはフランスとの国境近くの街。ツールド・モンブランの通過地点の一つとなっている。ツールド。モンブランは憧れのツアーなので、今回はほんの一部区間を歩くことができたのを喜んでいる。



   クールマイヨールDOLONE村 ー ロープウエイとペアリフト ー MAISON小屋(標高1,956m)
   ハイキング      : MAISON小屋   ~   DAMON付近(標高2,350m)間を往復  
   標高差: 約400m   歩行距離:約8.0km




71-21モンテビアンコ.jpg

右手にモンテビアンコ山群を見ながら、DAMON付近まで進む。気持ちのいい歩きとなった。




71-22ロバのボッカ.jpg

ロバのボッカ

さすが "ツールド・モンブラン" のコース。リフト乗り場など要所要所にボッカ(ここはロバかな?)が待機している。おそらくハイカーの荷物やテント・食事材料などを運ぶのだろう。





トレッキング最後のコースも高山植物の宝庫だった。モンテビアンコの勇姿、そして裾野に広がるお花畑は疲れたハイカーの気持ちを癒やしてくれる。








今年1年の "花旅”・"山旅” を3回にわたって振り返ってみました。今年は特に出会いの多かったトレッキング・ハイキングだったと言う思いで一杯です。この楽しさをもう少し続けていきたい。と言うことで、来年もなんと新しい出会いを求めて計画してみたいと思ます。


そのためにも身体を少し鍛えようかなとも!!(間もなく古希に!)




皆様 良いお年をお迎え下さい。




ご訪問 ありがとうございました。


タグ:3012
nice!(25)  コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 25

コメント 18

シラネアオイ

佳いお年をお迎えください!!
by シラネアオイ (2018-12-30 08:24) 

夏炉冬扇

ロバがナイス。
体の中に、いい空気がいっぱい入った1年ですね。
よいお年を。
by 夏炉冬扇 (2018-12-30 08:34) 

侘び助

来年も素敵な自然や花を見せてください。
佳いお年をお迎えくださいね(^-^)
by 侘び助 (2018-12-30 09:19) 

michi

ご訪問 ・ コメントありがとうございます。来年もいろんなところを歩いて、たくさんの出会いを楽しみたいと思ってます。
皆様佳いお年をお迎え下さい。
by michi (2018-12-30 11:16) 

mayu

年末寒波ですが
良いお年を!!!!
by mayu (2018-12-30 15:00) 

せつこ

珍しい花や風景、行った気持ちで楽しませていただきました。
楽しい旅行記をありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
佳い新年をお迎えください。
by せつこ (2018-12-30 15:24) 

いろは

こんにちは^^
この一年も素晴らしいお写真を拝見させて頂き
ありがとうございました♪
特に外国のお花は見る機会もなく、とても楽しませて頂きました。
来る年もよろしくお願いいたします。
佳いお年をお迎えくださいませ。
by いろは (2018-12-30 16:16) 

Baldhead1010

しばらく外国は遠のいていますが、足腰が立つうちに行ってみたいです。

素晴らしい2019年が訪れますように^^
by Baldhead1010 (2018-12-30 17:15) 

Jetstream

ちょっとご無沙汰しております。
イタリアアルプストレッキングの記事、楽しく拝見いたしました。
来年は私も山歩きに何か喝を入れる取り組みをしたいと思ってます。今年一年、ありがとうございました。
どうぞ佳い新年をお迎えください。
by Jetstream (2018-12-30 17:55) 

Mitch

見るからに気持ちよさそうなトレッキングコースですね^^
体力と資金力さえあれば自分も行ってみたいところです。
一年間素敵な花や山のご紹介ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
良い新年をお過ごしください。
by Mitch (2018-12-30 18:35) 

テリー

素敵なトレッキングでしたね。
よいお年を、お迎え下さい。
by テリー (2018-12-30 19:03) 

michi

皆さん、こんばんは。ご訪問 & コメントありがとうございます。
今日は一日中雪が舞う日でしたが、ときおり日射しが射し込みました。でも、寒いです。
皆様 佳いお年をお迎え下さい。


by michi (2018-12-30 19:07) 

ゆるり

モンブラン、生で見てみたいものです。
いつも楽しませて頂きありがとうございます!
来る年も宜しくお願い致します。

佳いお年をお迎え下さい。

by ゆるり (2018-12-30 20:21) 

ヤッペママ

素敵なお写真を有難うございました。
来年もよろしくお願いいたします。
by ヤッペママ (2018-12-30 20:22) 

OJJ

素晴らしい花と山を有難うございました。来る年も宜しくお願いいたします
by OJJ (2018-12-30 21:48) 

michi

こんばんは。平成30年もあと7時間をきりました。雪は降っていませんが、空気が冷たいですね。
皆様、来年も宜しくお願いします。佳いお年をお迎え下さい。
by michi (2018-12-31 17:23) 

旅爺さん

明けましておめでとうございます。
今年は更に素晴らしい一年でありますように。
本年も宜しくお願い致します。
by 旅爺さん (2019-01-01 09:37) 

せつこ

新年あけましておめでとうございます。
今年も記事楽しみにしてます。
よろしくお願いします。
by せつこ (2019-01-01 11:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。