So-net無料ブログ作成

植物園めぐり [植物園・自然園]


11-1s東北大植物園.jpg

東北大学植物園


5月8日 快晴の日を選んで仙台市へ向かう。今日はいつもの仲間に新しく一人加わった。行き先は東北大学植物園と仙台市野草園。野草園は3回目だが東北大植物園は初めて。一番の目的は写真の左端・円内の画像。花はこの時期だろうが、果たして出会えるのかわからない。



宜しかったら・・・・・続きをご覧下さい。



☆☆☆☆☆☆ 東北大植物園で出会った 主な花たち ☆☆☆☆☆☆

23-1オトコヨウゾメ.jpg

オトコヨウゾメ(スイカズラ科 ガマズミ属)

ヨウゾメはヨツズミの訛ったもの。ヨツは四つの意味で枝の先端がおよそ4本に分かれていることからの名と言う。ガマズミのことを "ヨウゾメ" と呼ぶところもあるらしいが、どうして男~オトコ~がついているのかは不明。



24-1サラサドウダン.jpg24-1シロバナフウリンツツジ.jpg

サラサドウダン(ツツジ科 ドウダンツツジ属)

名札には2枚とも "サラサドウダン" とあったが、右写真の花を "シロバナフウリンツツジ” と区別して標記している植物園もあるようだ。



26-1ゴマキ.jpg

ゴマキ(スイカズラ科 ガマズミ属)

茎や葉をもむとゴマに似た強いにおいがすることから ~胡麻木~ との名がついたという。日本固有種。



26-1ナンキンナナカマド.jpg

ナンキンナナカマド(バラ科 ナナカマド属)

別名 "コバノナナカマド" で、ナナカマドより小型なのでナンキン~小さく愛らしいという冠~がついたといわれる。葉柄のつけねにある托葉が特徴。托葉は小さな楕円形~歯牙縁で大きな半円形をしている。



27-1ミヤマウグイスカグラ.jpg

ミヤマウグイスカグラ(スイカズラ科 スイカズラ属)

山地に自生する落葉低木で日本固有種。ウグイスカグラの枝や葉、花冠は無毛だが、ミヤマウグイスカグラには毛が密生している(果実にも繊毛が密生している)。



28-1ホタルカズラ.jpg

ホタルカズラ(ムラサキ科 ムラサキ属)

奥多摩にある花の百名山 ~生藤山(しょうとうざん 標高990m)~ を代表する花と言われている。北多摩や南多摩、西多摩などでは絶滅危惧種に指定されている。



29-1ミツガシワ.jpg

ミツガシワ(ミツガシワ科 ミツガシワ属)

北半球の主として寒冷地に分布し、湿地や浅い水中に生える。 氷期の頃に堆積した地層からこの種子が多量に出ることがある。



***~~~ やっと 見つけました ~~****

32-1ヨウシュンラン.jpg

ヨウシュンラン(ラン科キンラン属)


32-2ヨウシュンラン.jpg ユウシュンラン(祐舜蘭)

花の形は羽を広げて大空を飛ぶ鳥を思い起こさせる。和名の "ユウシュン" は、命名者である植物学者の工藤祐舜氏に因むという。


32-3ヨウシュンラン.jpg

ギンランの葉が退化して鱗片状になった変種とされている(別の種にと言う説もある)。北海道から九州に生育するが、環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧Ⅱ類に分類されている。




☆☆☆☆☆☆ 仙台市野草園で出会った 主な花たち ☆☆☆☆☆☆

51-仙台市野草園.jpg

仙台市野草園の入口にある珪化木

宅地造成で掘り出された約5トンの化石。セコイアかメタセコイアのどちらかと説明にある。この野草園には、6年ほど前に春と夏の2度来ている。



52-1イチハツ.jpg52-2イチハツ.jpg

イチハツ(アヤメ科 アヤメ属)

中国原産の帰化植物。アヤメの仲間で一番先に咲くので、"一初~イチハツ~"との名がついたという。外花被の基部から中央にかけて "とさか状" の突起があるのが特徴。



56-1ムサシアブミ.jpg

ムサシアブミ(サトイモ科 テンナンショウ属)

葉柄の間から葉より低い花茎をだして "肉穂花序” をつける。和名~武蔵鐙~は、昔、武蔵の国で作られた鐙の形に似ていることから付けられた名。



59-1ハンカチノキ.jpg

ハンカチノキ(ミズキ科 ダビディア属)

中国の四川省・雲南省付近原産の落葉高木。ハンカチのような白い大きな花を咲かせる。



59-2ハンカチノキ.jpg

垂れ下がる・・・・・~ハンカチ~

花弁はなく、たくさんの雄花と1個の雌花が1つの球形をつくり、大型の2枚の苞葉に抱かれるような形で咲く。この苞葉が "ハンカチ" に見える。




☆☆☆☆☆☆ おまけ ~中庭 の "旬”~ ☆☆☆☆☆☆
71モッコウバラ.jpg
旬を迎えた・・・・・~モッコウバラ~

72チャールストン.jpg
咲き始めたバラ・・・ ~チャールストン~
中庭では、春の真っ先に咲くのがモッコウバラ。その後、新しく中庭に仲間入りした ~チャールストン~ が咲き始めた(昨年11月に旅先で気に入って購入)。まもなく中庭にバラの香りが広がる。


74ウツギ-サクラヒメ.jpg
ウツギ 桜姫 ~ロゼアリンド~
例年、薔薇の開花に前にウツギが旬を迎えているが、今年はヒメウツギ(バナー写真)と桜姫が咲いているだけで、他の種類はまだ蕾が膨らみ始めたところだ。
***~~~今年は・・・この花の種子を採ろう ~~****

75クリスマスR種子.jpg

大きな実がなった ダブル咲き


76クリスマスR.jpg

たくさんの実を付けた ダブル咲き

クリスマスローズは、シングル咲きにもダブル咲きにも実がついている。株を大事にするのに花を摘んでいたが、今年は少しだけ実を残して種子を採ろうと思っている。


少し色が変わってきたら、茶漉し袋をかぶせようと思っている。

種ができていたら、播いてみる。どんな花が咲くか・・・楽しみにして!!



ご訪問ありがとうございました。


~~~ コメント欄は・・・・・もうしばらくの間閉じます ~~~


タグ:201905
nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 31

コメント 0

コメントの受付は締め切りました